英仏旅行2018 (11)

そろそろ旅行も終わりが見え始め、寂しい気持ちになり始めます。

 

フランスでのDay 4は、ルーブル美術館へ行くことにしました。

しかし、疲れもあり、少し遅めにホテルを出発することとなります。

 

Gare de Lyonからメトロ1号線に乗り、Palais Royal Musée du Louvre駅まで行きました。

これは、ルーブル美術館に直結したメトロの駅です。

f:id:oshinari:20180519131014j:image

 

地下鉄から直結の入り口近くにあるガラスの逆四角錐。

f:id:oshinari:20180519131119j:image

 

事前にVeltraでFast Ticketを購入していたので、並ぶことなく地上の四角錐から入場できました。

このFast Ticketシステムは非常に素晴らしいです。日本でも各所に導入してもらいたいものです。

f:id:oshinari:20180526121759j:image

 

中はまるで神殿でした。

まるで芸術の宝石箱のよう。そんな語ることはできませんが。

f:id:oshinari:20180526122013j:image

 

モナリザは大混雑でした。

一応、本物を見たということに意味があります。
f:id:oshinari:20180526122008j:image

 

ミロのビーナスだと思います。
f:id:oshinari:20180526121955j:image

 

このような中世の絵画を見ると、胸騒ぎがするような感覚に襲われました。

それだけリアルなのか、歴史が何か訴えているのか。
f:id:oshinari:20180526122003j:image

 

あまり長居をすることなく出ました。

ランチはルーヴル美術館から少し歩いたところにあるビストロ。

外に出ているテーブルがすごくオシャレな感じです。

f:id:oshinari:20180526122424j:image

もちろんシャンパンをいただきます。
f:id:oshinari:20180526122440j:image

メインは牛肉のタルタル。

タルタルは以前チェコでも食べましたが、どこで食べても美味しいです。

日本でも食べたい。
f:id:oshinari:20180526122431j:image

 

その後、オペラ座に行ってみました。

この一週間後、まさかこの近くでテロが発生するとは思ってもいませんでした。

f:id:oshinari:20180526122757j:image

 

奇跡のメダイ教会にも行ってメダルを購入しました。

ミサ中でしたので、写真は控えます。

 

メダイ教会の隣にあるデパートへ。

お肉がたくさん並んでいます。

ここで、晩ご飯とお土産を購入しました。
f:id:oshinari:20180526122803j:image

 

夜ご飯はホテルの部屋で。

デパートで買ったシャンパンが激ウマでした。

f:id:oshinari:20180526123129j:image

 

いよいよ、観光最終日です!

英仏旅行2018 (10)

パリでの3日目は、モン・サン・ミシェルへのツアーに参加しました。

ちょうどマンチェスターだったかで、予約したものです。

 

朝6:30、ホテルの前に迎えが来ました。

10人乗りのボックスカーで、同じツアー会社で予約した人が数人乗り合いました。

ドライバーの方は非常に気さくで、何と日本にも住んでいたことがあるのだとか。

日本語も堪能で、出発地点までの間、日本語で案内をいろいろしてくれました笑

得した気分!

 

さて、朝7時過ぎ、ツアー会社前から2階建てバスで出発です。

同じバスには3つのタイプの方々が相乗りでした。

私と同じランチおよびガイド付きのツアー、音声ガイドのみのツアー、そしてただパリからのバスだけのツアーです。

 

高速道路をひたすら西へ。

f:id:oshinari:20180512173827j:image

 

2時間ほどしたところで、休憩タイム。

なんと30分も休憩します。

f:id:oshinari:20180512174055j:image

今回のバスは、こちら。

f:id:oshinari:20180512174147j:image

 

さらに2時間ほど走り、ついに到着です。

f:id:oshinari:20180512174226j:image

 

到着後、まずはランチです。

チーズの春巻きとサラダと魚のスープのシュー包み的なやつです。

f:id:oshinari:20180512174333j:image

 

他にもサイダー(アルコール入りのシードル的なやつ)がついてたり、まあまあ豪勢な食事でした。

同じテーブルには、オーストラリアから来たご夫婦、アメリカ・カリフォルニアから来たご夫婦、アメリカ・南カリフォルニアから来たご夫婦でした。

一人はちょびっと寂しかったです。

でも、皆さん、すごく気さくに話しかけてくださりました。

 

お腹を満たしたので、いよいよモン・サン・ミシェルに向かいます。

手段はいろいろありますが、バスを選択。だって無料だし。

バスを降りると、目の前にそびえ立ちます。

f:id:oshinari:20180513133430j:image

 

近づきました。

青空にピッタリです。晴れてよかった。

f:id:oshinari:20180513133508j:image

 

ツアーだったので個人の行列に並ぶことなく、さくさく入ることができました。

中にある教会です。

フランスにあるのに他の教会と違って華やかなものではなく、厳かな雰囲気でした。

f:id:oshinari:20180513133641j:image

 

これは食堂です。

f:id:oshinari:20180513133742j:image

 

建物の中で暖房が入っているのは、たったふた部屋しかないらしく、ほんと修行という感じでした。

 

帰りは歩き疲れて爆睡でした。

ツアー会社のオフィスからまたホテルまで送ってもらって就寝です。

 

日本の古い建物にも驚きはありますが、海外の日本のそれらよりさらに昔からある建物には驚きを超えて、言葉を失います。

 

翌日はまったりです。

(バスでの移動疲れ)

パリ・オペラ座での殺傷事件

ニュースでパリ・オペラ座での殺傷事件を目にし、衝撃を受けました。

なお、私は既に帰国しております。

 

One killed in Paris 'Islamic State' knife attack - BBC News

 

日本時間 本日朝4:30頃、パリ・オペラ座前の通りで、ナイフを持った者が暴れ、一人が死亡、四人が重軽傷を負う事件が発生したそうです。

犯人の男は、レストランやバーにも入ろうとしたが、中の人がそれを防いだとのこと。

イスラム国が犯行声明を出しているようです。

 

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

 

ちょうど1週間前には同じ場所にいたし、いつ誰がこのような被害に遭ってもおかしくない状況。

現地の方はもちろんですが、観光の皆さんもくれぐれもご注意いただきたいです。

 

平穏なパリ・オペラ座。

f:id:oshinari:20180513125727j:image

1週間前はデモ?も起きていました。

f:id:oshinari:20180513125913j:image

 

英仏旅行2018 (9)

フランスでの2日目は、朝から世界遺産 ベルサイユ宮殿訪問から始まりました。

ガールドリヨンのセーヌ川を挟んだ反対側にある何とか駅からRER C線で終点まで乗りました。

※RER C線の北行きは、行き先が3つあるので要注意。ベルサイユ宮殿最寄り駅までは15分に1本の割合で走っていました。

f:id:oshinari:20180507223933j:image

 

Veltraで現地案内ツアーを予約していたのでした。

これを利用することで、入場列に並んで数時間待つ必要もなく、横のゲートから入ることができます。

オーディオガイド付きで自由に散策可能です。

f:id:oshinari:20180510085353j:image

 

やはり天井画や装飾品が豪華でした。

ウィーンの宮殿も豪華だなあと思った記憶がありますが、それと同等の豪華さを感じました。

f:id:oshinari:20180510085444j:image

f:id:oshinari:20180510085511j:image

f:id:oshinari:20180510085617j:image

 

宮殿の後は、裏側の庭園、さらに奥のマリーアントワネットの離宮にも行きました。

提案は広すぎです。カートなんかもあるようですが、とにかく歩きました。

f:id:oshinari:20180510085549j:image

f:id:oshinari:20180510085658j:image

 

ランチはその庭園でパニーニを食べました。

芝生?に座って。

 

電車で市内中心部に戻ります。

RER C線の途中にあるエッフェル塔駅で降りて、エッフェル塔を見ました。

さすがに登る気にはなれず、周回してみました。

f:id:oshinari:20180510085751j:image

裏側?というか、セーヌ川を渡って北側から見てみます。

f:id:oshinari:20180510085911j:image

 

そこから歩いて、凱旋門へ。

しかし、妻に頼まれたアロマキャンドルを買いに遠回りして向かいます。

Diptyqueというお店。

買ったものたちは、別途まとめたいと思います。

f:id:oshinari:20180510085945j:image

 

歩いて、凱旋門へ。

何でしょ、門ですね。

f:id:oshinari:20180510090049j:image

 

街をふらふら歩いていると、フランスっぽい?雰囲気を感じて、つい写真を撮ってしまうザ・観光客です。

車が写っていなければ、まさに中世。

f:id:oshinari:20180510090134j:image

 

その後もお店を渡り歩いて、お寿司を食べて帰りました。

お寿司と刺身のセットにしたのですが、まさかのライス付き。

かなりの米を食べました。

f:id:oshinari:20180510090358j:image

 

ホテルに戻って、最上階にあるバーラウンジで飲みました。

シャンパンとチーズフリッター。

f:id:oshinari:20180510090516j:image

天気があまりよくなかったですが、奥にはライトアップされたエッフェル塔が見えました。

f:id:oshinari:20180510090622j:image

 

翌日はツアーでモンサンミッシェルに向かいました。

 

英仏旅行2018 (8)

Day 5は移動の日です。

ロンドンからパリへユーロスターでワープします。

 

幸い晴れてくれたので、徒歩で駅に向かいます。

あまりにも豪華なイギリスらしい雰囲気のSaint Pancras International駅です。

青空に映えます。

f:id:oshinari:20180505222109j:image

 

駅に着くのが早すぎたので、朝食にします。

最後にして最初のEnglish Breakfastです。

f:id:oshinari:20180505222341j:image

 

さて、時間になったので、出国します。

イギリス側の出発は、荷物検査→フランス(EU)入国となります。

20分前になると乗り場が表示されるので、乗客がゾロゾロと向かいます。

f:id:oshinari:20180505222707j:image

 

2等の8号車に乗りました。

席は満席で、隣にも人が乗っていました。

f:id:oshinari:20180505222831j:image

 

トンネルの案内が流れていたらします。

徐々に英語が少なくなり、フランス語が見られるようになりました。

f:id:oshinari:20180505223028j:image

 

2時間23分でパリ北駅に到着です。

数時間で別の国に電車で行けるというのは、不思議な感じです。

f:id:oshinari:20180505223229j:image

 

パリ北駅からは、RERという高速地下鉄でホテルのあるガールドリヨンに向かいます。

最初、切符の買い方に苦労しましたが、無事乗ることができました。

f:id:oshinari:20180505223603j:image

 

そして、ホテルです。

CitizenM Hotelに5泊します。

ガールドリヨンから5分ほどの場所にあり、便利な立地です。

f:id:oshinari:20180505223800j:image

 

荷物を置いて、晩ご飯を食べようと街に出ます。

すると、惨状が。。。

f:id:oshinari:20180505224139j:image

f:id:oshinari:20180505224226j:image

どうやらメーデーのデモ行進が暴れた結果のようです。

日本のメーデーイベントは、ほんと政治活動ですので、平和ボケしていました。

 

ディナーは、ホテルの近くのビストロです。

f:id:oshinari:20180505224439j:image

 

Menuというセットを注文してみました。

すると、一品目はオイスター。

あまりの多さに驚愕しました。

f:id:oshinari:20180505224550j:image

 

しかし、まさかのこれで終わり。

デザートとコーヒーが出てきました。

白ワインは付いていましたが、これで30€と考えると少し割高でしょうか。

 

次の日はベルサイユ宮殿に向かいます。

英仏旅行2018 (7)

ロンドンに戻ってきました。

ホテルは初日とは変えて、Judd Hotelというところにしました。

マンチェスターからの戻りが遅い時間だったので、ロンドン市内での移動を最小限にすることができたからです。

しかし高い・・・。屋根裏みたいな冷蔵庫もない4畳ほどの部屋でも一泊1万円を超えてきます。

恐ろしきロンドン・・・。

f:id:oshinari:20180505165356j:image

部屋はこんな感じでした。

f:id:oshinari:20180505165520j:image

 

さて、Day 4は風こそ強かったものの雨はほどほどで、安心しました。

元々の天気予報では、大雨に気をつけろと言っていたのです。

 

まずは、バッキンガム宮殿に地下鉄で向かいます。

ロンドンの地下鉄はICカードがあるので超便利でした。

写真は線路です。

f:id:oshinari:20180505165443j:image

 

バッキンガム宮殿では騎兵隊の交代が行われているところでした。

f:id:oshinari:20180505165559j:image

f:id:oshinari:20180505165626j:image

 

これを見ていると衛兵交代式を見逃してしまうという痛恨のミス・・・。

 

朝ごはんを食べていなかったので、ビールとフィッシュ&チップスをいただきます。

f:id:oshinari:20180505165706j:image

 

あとは買い物です。

買ったものたちは別の記事でまとめます。

 

荷物をホテルへ置きに戻り、徒歩で再び出発。

この日は、Queen’s TheatreでLes Misérablesを鑑賞する日だったのです。

 

途中の大英博物館です。

結局、中には入りませんでした。

f:id:oshinari:20180505170028j:image

 

チケットセンターでチケットを受け取り、近くのレストランで早めの食事にします。

例によってビールとフィッシュ&チップスです。

f:id:oshinari:20180505182139j:image

f:id:oshinari:20180505182338j:image

 

そして、Les Misérablesです。

キャストがよかった。間違いない。

Charlotte Kennedyさんが超美人でした。

内容については、別の機会に書きたいと思います。

f:id:oshinari:20180505182549j:image

 

終演後、Uberでホテルまで戻りましたとさ。

英仏旅行2018 (6)

マンチェスターでの2日目は、サッカー観戦でした。

とはいえ、試合は16時30分キックオフだったので、市内の観光をして時間を潰しました。

マンチェスター大聖堂。

f:id:oshinari:20180505163510j:image

 

しかし、そこまで見るものもなく、コーヒーを飲んだり、フィッシュ&チップスを食べたりして時間を過ごしていました。

f:id:oshinari:20180505163403j:image

 

少し早めに試合が行われるOld Traffirdに向かいました。

サッカー観戦についは、こちらの記事をご覧ください。

www.beetea.xyz

 

試合が終わる前にスタジアムを後にし、トラムでホテルまで戻り、荷物をピックアップして、Manchester Picadery駅に向かいました。

この日のうちにロンドンに戻る予定にしていたのです。

どうせならマンチェスターにもう一泊してもよかったかなあと思いました。

 

ちなみにマンチェスターでの移動は、トラムを活用しました。

一日乗車券を買っておくと、非常にお得で便利に街を移動することができます。

f:id:oshinari:20180505164016j:image