ゴールデンウィーク2017 カタール経由北欧の旅 (13)

さて、旅のメインの一つ、フィヨルドツアーです。

朝7時過ぎにはホテルを出発し、船の集合場所に向かいます。8時の出航ですが、早めに到着し、良い座席を確保する必要があるのです。

 

無事、前の方の順番をゲット!

f:id:oshinari:20170521163458j:image

出航しました。朝のブリッゲン地区。不思議な街です。

f:id:oshinari:20170521163554j:image

一階の船内です。二階もあり、二階だとデッキに出られますが、進行方向は操舵室のため見えないので、我々は一階に席を確保しました。

f:id:oshinari:20170521163651j:image

 

湾を抜け、海に出ました。

デッキでは結構風が強く、カメラが飛ばされないかヒヤヒヤでした。

f:id:oshinari:20170521163831j:image

 

船は観光用というわけではなく、地元の方の足としても利用されていました。

そのため、合計10箇所ほど寄港し、何名かずつの乗り降りがありました。

f:id:oshinari:20170521163955j:image

船内には売店もありました。

サンドイッチやコーヒー、ビールも売ってありました。

f:id:oshinari:20170521170946j:image

妻には驚かれましたが、飛行機でも船でも全然お酒では酔いません。

f:id:oshinari:20170521171035j:image

 

そうこうしていると、フィヨルドらしくなってきました。

f:id:oshinari:20170521171218j:image

フィヨルドなので、すぐに断崖絶壁になっています。

そして、雪解け水の流れる自然な川が随所に見られます。

f:id:oshinari:20170521171331j:image

 

そうこうしていると、5時間の船の旅も終了です。

終点のフラムに到着。

近づくフロム(Flam)の港と共に旅をした船員さん。とっても気さくなオジさんでした。

f:id:oshinari:20170521171432j:image

 

フロムの街は小さな街で、1時間半ほどの休憩です。

ランチをいただきました。

 

ここからは鉄道でベルゲンに帰ります。

まずはフロム鉄道に乗ってミュルダール(Myrdal)に向かいます。

前と後ろに電気機関車が付いていて、押して引っ張るようです。

f:id:oshinari:20170521172550j:image

木で作られた内装は、北欧をイメージさせる雰囲気のあるものでした。

自由席なので、改札開始に合わせてみんなダッシュ!

f:id:oshinari:20170521172657j:image

車窓には、いかにも世界の車窓からに出てきそうな景色が広がります。

f:id:oshinari:20170521172831j:image

滝もたくさんあります。

f:id:oshinari:20170521172943j:image

途中駅では滝がきれいで5分間の写真撮影停車があります。

そして終点が近づいてくると、周りには雪が。

f:id:oshinari:20170521173312j:image

 

終点ミュルダールでは、ベルゲン鉄道に乗り換えます。

f:id:oshinari:20170521173402j:image

そこからベルゲンまではさらに2時間。

疲れて特に見るものもなく寝ていました。

ベルゲンに到着。

f:id:oshinari:20170521173518j:image

一応、ベルゲン駅も写真に撮っておきました。

f:id:oshinari:20170521173540j:image

 

夜ご飯はフィッシュマーケットで食べようと考えていましたが、どうやら開いておらず。

周辺で探し、入りました。

普通に美味しかったですね。

ビールも笑。

f:id:oshinari:20170521173658j:image

 

さて、いよいよ帰国の日。

コペンハーゲンで時間があったので、地元のツアーに参加してみました。