バンコクでの悲劇(2/2)

日曜日に入院しました。

昼過ぎに部屋に入ったのですが、ブドウ糖や抗生物質の点滴が続き、ずっとベッドの上にいました。

特に頭痛もしていたため、寝て過ごしていたというのが実際のところです。

f:id:oshinari:20180210214703j:plain

 

夕食が運ばれてきました。

Japanese Medical Centerがある病院だけあって、和食でした。

(帰りに気づきましたが、大戸屋が入っていて、そこで作っているようでした。)

久しぶりの和食に興奮しましたが、食べ物が原因のようだと言われていたので、正直食べるのが恐かったです。

というか、胃が受け付けてくれなくて、ほとんど食べることができませんでした。

f:id:oshinari:20180210214023j:plain

 

入院二日目も三日目も特に何もありませんでした。

点滴と検査だけです。

それ以外は、ひたすら睡眠、時々仕事でした。

 

ドクターと話すうち、もう少し入院した方がいいのではないかと言われてきました。

が、さすがに早く日本に帰りたかったということもあり、予定通りのフライトで帰国することにしました。

 

夕方5時ころ、退院の手続きが完了しました。

タクシーで空港まで向かいます。

本当は途中で電車に乗り換えた方が早かったのですが、体力が落ちていたので空港までタクシーです。

 

1時間ほどかかって空港に着きました。

タイ航空のカウンターで診断書を提示して、チケットを復活させます。

(ラオス行きのフライトに乗らなかったので、自動的にキャンセルされていたようです。)

さらにチケットセンターに行って、ビジネスクラスへのアップグレードを行いました。

体力が本当に落ちていたので、フラットなシートで寝たかったのです。

 

手続き後、出国しました。

動き回るのは辛かったのですが、お世話になった妻へのお土産を探したり、会社へのお土産を探したりしました。

タイバーツに変えていたけど、ほとんど使っていなかったのです。

 

ラウンジでギリギリまで過ごし、搭乗口に向かいます。

f:id:oshinari:20180210215546j:plain

 

帰りのフライトはA330で、ビジネスクラスは2-2-2でした。

でも、隣は空いていて、ほぼフルフラットになるシートでかなり楽でした。

f:id:oshinari:20180210220110j:plain

 

飛行時間は5時間と少しでした。

離陸後フラットにして爆睡しましたが、朝食の時間で起こされたため、実質2時間半ほどしか寝られませんでした。

朝食は和食をチョイス。。。

でも、ほとんど食べられませんでした。

日本時間で朝4時でしたので。。。

f:id:oshinari:20180210220354j:plain

 

というわけで、無事に帰ってくることができました。

一度家に帰りましたが、午後は会社で仕事をしました。

 

一週間ほど経過し、体力も食欲も戻ってきたのでした。

海外での飲食には本当にご注意ください。

あと、保険への加入もお忘れなく。。。